面白いようによくわかる投資信託

積立投資をするなら積立投信

老後の生活は万全ですか?と聞かれてハイ、と答えられる方は割合として少ないのではないのでしょうか。
仮に公的年金以外のお金が月額10万円必要だとしたら、年間で120万円用意しなくてはなりません。60歳から90歳までが老後生活と考えれば3,600万円が必要になります。もちろん、生活水準や死亡時期、退職時の年齢などもそれぞれかかりますが、最低限数千万円の備えは必要と考えられます。

数千万円の大金を短期間で作ることは難しいものです。ですので、早い内に毎月コツコツと貯蓄をしていかなくてはなりません。しかし、銀行に預けても得られる金利はごく僅かで、ATMから数回引き出す手数料でなくなってしまう程度です。さらに将来的にインフレが予想されますので、そうなった場合、積み立てているお金が実質的にマイナスになることになります。

そのため、単純にお金を預けて貯蓄をするよりも、積立投資でお金を運用するという考え方が大切です。積立投資なら積立投信という手段があります。投資信託なら日本のみならず、世界中のあらゆる金融商品へ分散投資をし、プロのファンドマネージャーが投資家の代わりに運用してくれるので、難しい知識も必要ありません。

積立投資については以下のコラムも参考になるのでお勧めです。
初心者でも良く分かる積立投資の入門講座
積立を始める前にぜひご一読ください。

2月 8th, 2015